自分で期間を決められる

新しいOA機器を使いたい

10年という長い年数を契約しても良いですし、2年や3年というように短い期間だけでも構いません。
期間が過ぎたら別のOA機器に切り替えて、再び契約して使うことも可能です。
継続的に新しいOA機器を選択できる面がメリットと言えるでしょう。
2年から3年が経過すれば、新しいOA機器が登場しますので選択肢が増えます。

新しいOA機器は様々な機能が搭載されていたり、サイズがコンパクトになっていたりとメリットがたくさんあります。
今まで使っていたOA機器よりも、そちらが良いと感じるかもしれませんね。
最初の契約で長い年数を指定していると、なかなか切り替えるタイミングが訪れません。
そのため長すぎる期間を契約しないように、今後のことをよく考えましょう。

安全にOA機器を使う

OA機器はメンテナンスを怠ると不具合が生じて、使えない状態になってしまいます。
OA機器の内部は非常に複雑で、素人がメンテナンスをするのは難しいでしょう。
メンテナンスは、代理店へ任せるのが一般的です。
代理店なら、詳しい知識を持った専門的なスタッフがメンテナンスをしてくれるので、壊れる心配はほとんどありません。
メンテナンス中に不具合が見つかったら修理してくれるので、これからもOA機器を使い続けられます。

ただメンテナンスの代金が、レンタル料に含まれているのかをチェックしておきましょう。
中には、別途でメンテナンス代金を支払うシステムの代理店もあります。
レンタル代金とメンテナンス代金で、思った以上に出費が増えることがあります。


この記事をシェアする